tana's diary

アラサーニート女のただの日記です。

広告によく出てくるミステリー漫画が面白すぎる

 

こんばんは、タナカです!

 

ここ数日は買った漫画を一気読みしていまして…これがもう面白いのなんの。

ブログなんて書いてる暇はないってくらいにドはまりしてしまいました。

 

今回はそんな私の激熱イチオシ漫画を紹介していきます〜٩(ˊᗜˋ*)و

 

それがこちらですドーン!

 

f:id:as114:20211214171301j:image

 

はい、最近広告でもよく見かけます。

ミステリと言う勿れ(いうなかれ)』!

 

一人の大学生久能整(くのう ととのう)くんがなんとな~く事件に巻き込まれてしまって、なんとな~く事件を解決に導いてくれるというストーリーです。

 

そのまんま、ミステリー漫画なのですが他の有名なミステリー漫画とはちょっと雰囲気が違うんですよね。

 

コ〇ン君の決めゼリフと言えば「真実はいつもひとつ!」なのですが、

 

この漫画の主人公である整くんは「真実はひとつじゃない、真実は人の数だけあるんです。」って言っちゃうんですよね。

加えて「事実はひとつ、起こったことはひとつ」と言います。

 

ほぅ…?

 

例えばA君とB君がいたとして、普段からA君はB君をからかって遊んでいたとしましょう。

 

あるとき、いつものように階段でA君がB君にちょっかいを出すと、B君が階段から落ちて怪我をしてしました。

するとB君は「僕はいつもA君にいじめられている。今回もわざとぶつかってきた」と言います。

しかしA君は「いじめじゃない、遊んでいただけ。今回もたまたま腕がぶつかったんだ」と反論。

 

A君は本当に遊んでいただけだと思っているし、B君もいじめられていたと思い込んでる。

この時点で”B君が階段から落ちた”という事実が1つなのに対して、真実は2つになってしまっているのです。

 

さらにその現場を見ていた第三者がいれば、その人の捉え方によってまた新たな真実がひとつ出来てしまいます。ややこしい。

 

だから真実は人の数だけあるんだって整くんは言うんですね。

 

f:id:as114:20211214203737j:plain

 

その考え方確かになぁって。

ここでもう全巻紙で買おうって決めましたね(´∇`)

(お気に入りは電子じゃなくて紙で買うタイプ)

 

他人の意見にとにかく「僕は常々思っているのですが...」と横槍を入れまくる整くん。

しかし、その整くんの考えはどれも自分が「これはこうなんだ」と無意識に決めつけているようなことを、全く違う方向に目を向けさせてくれるのです。

 

雑学王みたいな主人公で、面白い雑学も本編でたくさん披露してくれています。

整くんの語録出して欲しいくらい勉強になる。

 

あと普通にミステリー漫画としてめちゃくちゃ優秀。

サスペンスとかミステリー系の映画が好きな私でもコロッと騙されるくらい謎が細かい。

 

最新刊の10巻はなかなかにショッキングでしたね。

この漫画、全体的に子どもがテーマになっているので子持ちの方に特に読んで欲しい!

 

私は最初はまんが王国で無料分読んでいたのですが、もうちまちま読むのが面倒ですぐにAmazonでまとめ買いしました 笑

 

 

さらに1月からは実写ドラマも始まるみたいで。

菅田将暉さん主演(∂ω∂)

 

...これはただ、まぁ個人の感想としましては

 

キャスト全然イメージと違ぇ...

 

って感じでしたね。

実写あるある。笑

 

ドラマの予告を見たのですが、整くんあんなハキハキ喋らないと思う。

やはり流行りの役者でゴリゴリに固めてきたな〜と。大体想像通り。

 

ただライカちゃんの菜々緒さんだけは分かる。

漫画読みながら「これは菜々緒様」となっていたのでそこだけ嬉しい。

今のところドラマは見なさそうだけど。

 

てな感じで!

最近漫画読んでないな〜という人は「ミステリと言う言う勿れ」読んでみてはいかがでしょうか!

 

最後に整くん落書き。

 

f:id:as114:20211214192007j:image

 

ではまた!